ダナンからフエまで100キロ。でも電車で4時間もかかりました

私はベトナム旅行でダナンからフエまで初めて電車に乗りました。距離としては100キロほどです。でも時刻表をみると所用時間は3時間以上かかるようです。そして「平均時速30キロということはないだろう。何かの間違いでは?」と軽く考えていました。しかし実際にフエに到着してみると出発から4時間近くが経過していました。

途中、電車はスピードを上げたり、スピードを落としたり何故か安定して走りません。途中景色が良いポイントがいくつかあり、その辺りでゆっくりと走ってくれたのはありがたかったのですが、なんともノンビリとした列車旅となりました。一度は完全に停車して、警笛が何度も鳴りました。他の乗客と一緒に窓から前方を覗くと、数頭の牛が線路上に居座っています。こうなると牛が退いてくれるまで待つしかないようです。周りの人も「仕方がないね」という様子で苦笑いをしながら席へと戻っていきました。まったく日本では経験できない光景で、日本でなら文句の一つも出そうな場面ですが、珍しい体験ができたと楽しく感じている自分に気付きました。

フエに着いて駅前広場に出ると、タクシーの大群が待ち構えていました。電車は2、3時間に1本しか到着しないので、タクシーの運転手達はお客の取り合いに必死です。長時間の電車移動の疲れと、タクシー運転手の熱に圧されて、私は駅構内の待合スペースで少し休憩を取りました。そして一息ついてホテルに向かうためにタクシーを拾おうと広場に出て驚きました。10分前まで数10台いたタクシー達がまったく消えていたのです。おそらくタクシーが必要なお客はもうおらず、次の電車が来るまで数時間あるので、それまではお客がいないと判断したのでしょう。

そんな中、私はしばらく広場でタクシーが通るのを待ちましたが全くタクシーは通りません。見るからにタクシーが必要そうな大きなスーツケースを持った旅行者なのに!そばの売店の人にどこでタクシーを捕まえれば良いか尋ねましたが、この付近で流しのタクシーはなかなか捕まらないようです。「とりあえず大通りに行け」という指示に従って大通りまで歩きタクシーが通りかかるのを待ちます。夕方5時近くになり、周りがだんだんと暗くなってきました。暗くてタクシーを探すのが難しくなってきた頃、ようやく1台のタクシーを捕まえることができました。とりあえず運転手にメーターを使うかどうか確認してホテルに向かうようにお願いしました。日本なら何でもない普通の行動ですが、ベトナムではちょっとした冒険のようです。めっちゃぜいたくフルーツ青汁 楽天

私は真冬でも何も付けずに過ごしてきました。

クリスマス位から故障していたエアコンがようやく復活しました。
あまり暖房は好きではないのですが、主人がOL女子かと突っ込みたくなるほど末端冷え性です。
部屋の中にあるぬくぬくグッズは全て主人の物です。
そんな主人ですので、暖房器具無しでは冬を越す事は出来ません。
ようやく直った日には23.5度で寝ました。小さな6畳の和室なのでアッと言う間に暖かくなります。
暖かくて暖かくて・・・私には暑い位です。
布団や毛布を沢山被って寝るのが好きな私には暑すぎます。寝ている間の布団を蹴散らして、お腹に申し訳ない程度の布団をかけて夜を明かしました。
こんな状態で寝る日が続くかと思うとぞっとします。
エアコンのせいか、喉も痛くなりました。慌てて加湿器を引っ張りだしてきました。
部屋の温度の差があるとなかなかお互いが納得出来る温度にする事は難しいんだなと思っています。
エアコン自体は主人が意を決して14万円と言う結構良い物を購入したので、主人に従って使用しています。キレイモ 9500円