(武井咲『黒革の手帖』打ち上げ、所属事務所が厳戒態勢でマスコミ対策)の記事を観て

江口洋介、高嶋政伸、滝藤賢一ら豪華キャストが続々と会場入りするなか、“渦中の人”である武井はというと、「ほかのキャストやスタッフたちとは別の裏口から、従業員専用エレベーターを使い“超厳戒態勢”で会場入りしました。時期が時期だけに、所属事務所もマスコミ対策を行ったそうです」「『黒革の手帖』はこれまで何度もリメークされていますが、今作は過去最高といってもいい豪華キャストがそろっています。そんな記念すべき作品の放送中にプライベートな話題でにぎわしてしまったんですから、いたたまれなかったはずです」、私も『黒革の手帖』は観ていますが、豪華キャストの割には時代にそぐわないのでチグハグなドラマに成って居るのは拭えないと思って居る。1980年の年発行の小説である、37年前の小説を現代に設定しているのがおかしい、携帯電話のない時代の設定を携帯電話を使っているのに違和感を感じる。却って時代を昭和の時代にしてそのころの時代を懐かしむような設定の方が良かったと思う。松本清張が、このテレビドラマを観て如何批評するか?本人が生きていたら聞いて見たい物である。キャッシング 女性