熊本県球磨川の荒瀬ダム撤去について思うこと

球磨川に古くからある荒瀬ダムが撤去されました。そしてダムの無くなった場所には昔のような広い瀬が出来ました。この記事を読んで思い出したのは過去に田中康夫知事が脱ダム宣言をしたものの結局何も出来なかったことや、民主党政権時に前原大臣が八ッ場ダムの工事を中止すると言って結局できなかったことなどです。ダムには水利権を含め多くの利権があり、建設は可能でも撤去は不可能だと思われていました。しかし今回の『荒瀬ダム撤去で瀬が蘇った』という記事を見て素晴らしいことだと思いました。
かつて各河川でダムの撤去運動が始まりました。ダムのおかげで洪水被害が無くなったという事例は多いですが、ダムのおかげで遭難したとか、一気に洪水になったという話も良く聞きます。何よりもダムの弊害はダム下流の水質の悪化や、川底の汚れ、生態系の変化などと多くあります。またダム湖にたまったヘドロ状のドロの問題も言われていましたが、球磨川では月日を重ね昔のようなきれいな川に戻りました。人間の作った構造物によって変えられた自然が、撤去することによってもとに戻るという自然の回復力には驚かされました。今回の撤去を機会に、各地方でまた撤去運動が起こると思われますし、古いダムの撤去の推進もしてもらいたいと思います。